スタッフBLOG

スタッフBLOG

2021/03/24

木材の特徴??

こんにちは!

インテリアコーディネーターの河野です。

今日は木材について、少しお話したいと思います。

木材といっても種類は様々ですが、大きく針葉樹と広葉樹というものに分けられます。

針葉樹は「檜、杉、パインなど」柔らかく軽量で、加工しやすく、肌触りがよく香りが残るのが特徴です。

広葉樹は「ナラ、ケヤキ、ウォルナットなど」硬く重い、強度があり傷がつきにくいのが特徴です。

 

主に、針葉樹は柱や梁といった建築の構造材として多様されます。

一方、広葉樹は重くて硬いものが主流で強度があり、傷がつきにくいことから内装材に使われることが多いです。

身近にある広葉樹の材木として、挙げられるのはナラ材です!

床材として採用している木材ですが、ナラ材はとってもよく使われている木材です!

 

 

ナラ材は、耐久性・耐水性が高い木材です。

重厚で硬く、密度も高いため様々な加重を支える材として適しています。

また、傷もつきにくく耐水性もあるので水周りの床材としても提案しやすいです!

 

 株式会社 昭栄建設 ホームページ

 昭栄建設 公式 Facebook は コチラ

 昭栄建設 公式 インスタグラム は コチラ

 

無料相談会開催中!

家づくりのこと、もっと詳しく!

TEL.0120-72-0063

  • 申し込みはこちら
  • まずは資料請求
Copyright© 2018 株式会社昭栄建設.
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.