スタッフBLOG

スタッフBLOG

2019/02/28

交通事故より多い!?

こんばんは♪

昭栄建設 アドバイザー 中北です。


先日、名古屋にソファーを見に行っている車中で、こんなニュースがやっておりました!!

(ちなみに、NOYESさんってソファーお洒落で素敵な店内でしたよ♪

 詳細は、私のインスタグラムにて♪)

 

 

さて、この写真にうつるヒートショックって言葉ご存じですか?

簡単に言うと、寒暖差で起こる血管の収縮(血圧の乱高下)で、心臓や脳の血管が詰まったり

貧血によるめまいなどでの転倒が原因で、ケガや運悪くお亡くなりになってしまう方が

急増しております。


ヒートショックのメカニズムは、こうです。

1. 暖房で暖まった室内から、冷え切った脱衣所に移動する。

2. 冷え切った脱衣所で裸になると毛細血管が縮み、体から熱を奪われないようにする。これが血圧を上昇させるきっかけとなる。

3. 熱いシャワーを浴びて高温の湯船につかることで交感神経が緊張する。これによって血圧がいきなり上昇する。

4. 肩まで湯につかることで水圧で心臓に負担がかかる。これが血圧を決定的に上昇させる。

5. 体がお風呂で温まり血管がひらく。それによって血圧が急激に下がる。

6. お風呂から出ると水圧が失われる。血圧がさらに下降する。

7. 寒い脱衣場に再び出ることで体が再度冷える。熱が奪われないように毛細血管が縮むことで血圧が急上昇する。


R+houseの家では、暖房のかかっているリビングと廊下、脱衣室の気温差がほとんどありません。

皆さんも経験ありませんか?廊下に出ると寒いから、冬にトイレやお風呂に行きたくない!!

体の中でも、血圧が激しく上下する事で、脳や心臓に相当な負担がかかっているんです。

ちなみに、日本で交通事故で亡くなってしまう方は、約4600人 

ヒートショックが原因で無くなる方は、17000人(しかも、入浴に限る)

4倍近くの方が、家の気温差が原因で不幸にも亡くなってしまっているんです。

なぜ、R+houseのお家では、気温差が生まれにくいのか、

その答えは下記の勉強会を覗いていただければ分かっていただけると思います。

まだ、余裕がありますので、ぜひご参加ください♪

 

☆イベント情報☆

3月17日【後悔しないための賢い家づくり勉強会】

伊勢商工会議所で「後悔しない為の賢い家づくり勉強会」開催します。

前回は、10組満席のお客様ご来場いただきました。すでに何組かお申し込みいただいております。

ご都合が許すのであれば、ぜひ一度ご来場ください♪

お席空き状況 : 現在6組様残り4組様

 

 株式会社 昭栄建設 ホームページ

 昭栄建設 公式 Facebook は コチラ

 昭栄建設 公式 インスタグラム は コチラ

 

無料相談会開催中!

家づくりのこと、もっと詳しく!

TEL.0120-72-0063

  • 申し込みはこちら
  • まずは資料請求
Copyright© 2018 株式会社昭栄建設.
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.