代表挨拶

代表挨拶

ご家族の事を第一に考えています! GREETING 代表挨拶 SATORU NAKANO 実はちょっと人見知りご家族の事を第一に考えています! GREETING 代表挨拶 SATORU NAKANO 実はちょっと人見知り

健康自然住宅にこだわる理由
小さい頃に経験した“小児ぜんそく”
小さい頃に経験した
“小児ぜんそく”
喘息 イメージ写真

小児ぜんそくを知っていますか?

咳や、呼吸のたびにゼーゼ―音がする呼吸困難などを繰り返してしまう病気なのですが、私自身が小さい頃そうでした。

小児喘息はアレルギーの一種で、車の排気ガスやペット・ホコリからアレルギー反応が見られることもあります。

寝具・ぬいぐるみ・空気の悪い状態での生活から小児ぜんそくになるケースも多いそうです。

喘息 イメージ写真
家の模型 図面の写真

小さい頃の話になりますが、私は三重県 伊勢で生まれ育ち、家族とひとつのアパートに住んでいました。

3畳+6畳くらいの狭さだったかと思います。

小さい家でした。

換気が上手くいっていなかったせいか、ゼーゼ―息苦しいなか病院へ親に連れられ検査をしてアレルギー反応の検査で、1回目診療で30~40本の注射で確認し「小児ぜんそく」だと分かりました。

発作が起こってしまうと肩でゼーゼーしながら咳や呼吸をするので、本当に子供の頃は苦しかったです。

母は度々、小さい私を連れて伊勢総合病院まで連れて行ってくれました。

苦しそうに呼吸をするので、母も大変心配だったと思います。

それから体質改善をしていき、小学校2年生の頃には治ったのですが、当時の経験から「家」と「健康」は切り離せないテーマになりました。

父から息子へ。塗装から建設へ
父から息子へ。
塗装から建設へ
家の模型と図面 写真

地元の工業高校へ入学と同時に建築の道へと進みました。とても建築に近い環境が周りにあったなと思います。

当時父は塗装の自営業をしておりましたし、学校帰りに友人宅へあそびに行けば、部屋の中で家の設計をしている、友人の父にあこがれを持ちました。

工業高校の建築科を卒業後、地元の工務店へ。

現場監督を12年ほど経験し、オールマイティーに対応できるようになったかと思います。

その後、稼業である塗装業を、代継ぎするキッカケで建設業へと進みました。

家の模型と図面 写真
“深く、快適に、呼吸をする家”
深く、快適に、
“呼吸をする家”
家 内観写真

当時のこともあり、
健康で快適な住空間を求めました。

現代の家造りは、長い年月をかけて「快適」を追求し、高気密・高断熱住宅などが匠達の手によって編み出されました。

しかし近年、寒さに耐えるため・排気ガス等の外気を遮断するために、家全体を密閉するという方向に変わってきました。

結果的に気密性を向上させたために、住む人の健康を脅かすという弊害が出てきてしまったため、それではいけないと昭栄建設では健康を害すことのない自然素材を使用すること大事にしています。

当たり前のように「健康」であるということ
当たり前のように
「健康」であるということ
代表取締役 中野 悟 写真

理想の住まいは、日本の自然とともに健康で快適に暮らせるということ。

3年後、10年後、その先もずっと、健康であることが当たり前であるように。

住む人の健康を守っていきたいです。

サービス精神旺盛のため、やりすぎちゃって怒られることもあるんですが(笑)

一生に一回の家造りです。

精一杯の想いをこめて、長く住める家を造っていきたいです。

代表取締役 中野 悟 写真

無料相談会開催中!

家づくりのこと、もっと詳しく!

TEL.0120-72-0063

  • 申し込みはこちら
  • まずは資料請求
Copyright© 2018 株式会社昭栄建設.
All Rights Reserved. Created by Co., Ltd ABABAI.